トラブルを避けるために、注文住宅の土地候補を見つけたら情報収集

白い家

注文住宅を建てる土地候補を見つけた時にすること

紙の家

注文住宅を建てる場合、土地を持っていなければ、土地探しをしますよね。そこで良さそうな注文住宅の土地候補が見つかった時、注文住宅を購入を決定する前にしておいた方が良いことを書きます。誰かに買われてしまう前に注文住宅の契約してしまいたくなるとは思いますが、後々後悔することの無いようにしっかりと最低限の確認はしておきましょう。具体的に何をするかというと実際に足を運んで周辺の環境を確認します。曜日や時間帯を変えて何回か足を運んでみましょう。例えば、休日の昼間は静かな環境で良い地域に見えたとしても、平日は工場の音で喧しいかもしれないですし、夜は飲み屋帰りの酔っ払い集団の駅までの通り道になっているかもしれません。
逆に昼間は人通りが多く賑やかでも、夜は人通りの全くない出歩くのが怖くなるような地域かもしれません。昼間と夜、平日と休日で様子が一変していることも珍しくはないですよ。知人は周辺の住民から情報を得るために、昔からやってそうな飲食店を見つけて、昼食がてら話を伺いに行ったそうです。大手チェーンのような店はダメですが、個人のお店ならば基本的に接客業なので忙しい時間帯でなければ、話しかけてもさほど迷惑がられることはないそうです。良さそうなお店を見つけたら飛び込んでみるのも一つの手ですね。そこまでするのはちょっと、という方も実際に足を運んで確認することだけはしておきましょう。後で後悔しないように、石橋は叩いて損はないですよ。

注文住宅の土地候補を見つけたらしっかり情報収集

注文住宅を建てる土地候補を見つけたら、次にすることについて書きます。注文住宅の立地的に良さそうな土地が見つかったら、次はその土地についてしっかり確認しておきましょう。水害や土砂崩れ、地震の時に大きな被害を受ける恐れの有る土地ではないかなど、災害に対する情報をしっかり収集しましょう。土地の有る地域の市役所のホームページを覗くと災害マップが公表されているので、自分でも調べることができますよ。その他にもその土地ならではのきまりごとがないかも確認しておきましょう。これはその土地を販売している業者に確認するのが一番簡単だと思います。もし、なにかの規制がかけられていたとしたら、あなたの建てたい家を建てられないかもしれません。
例えば、景観を守るために建物の色合いを規制している地域では、派手な色の家は建てられません。オレンジ色が好きでその色の家を建てたいと思っていたとしても、その土地ではその夢は叶いません。注文住宅を建てる場合諦めて落ち着いた色合いの家にするか別の土地を探すかです。ぎりぎり規制をすり抜けられたとしても、無理に建てれば地域の住民との揉め事の種になるかもしれませんよ。長く暮らす家ですから、そんなトラブルは避けたいですよね。無用のトラブルを避けるためにも、注文住宅の土地購入を決める前にしっかり確認しておきましょう。

注文住宅と建売住宅の違について

家を建てようと思った時とは建売住宅と注文住宅の違いを考えてどちらにすべきか考える必要がありあす。それは単にに家を建てる際にどれだけ費用が掛かるのかというだけでなく、建売住宅と注文住宅とでは家の構造や個性にも違いがあるという事を意識してどちらの住宅を建てるようにしたら良いのかという事を考えてどちらにすべきかという事を考えて購入すべき事を考えた方が良いという事です。
では、注文住宅と建売住宅の決定的な違いは何かというと一番はその建築に掛かる費用に違いがあると言わざるを得ないです。どうしても建売住宅よりも注文住宅の方が費用は安く済むので一見して注文住宅よりも建売住宅の方が良いように思える人もいると思います。ですが注文住宅は注文者の望む通りの家を建築士と相談をした上で建てるのに対して建売住宅はハウスメーカーがすでに作り上げた家をそのまま販売する形で購入する事なるのでその分安く家を買えますが建売住宅はみんな同じ代わり映えのしない家を買う事になるのでいくら安く住宅を買えても注文住宅を買った時みたいな満足感は得られないというのがあります。ですから、家を買って満足感を得られるのは建売住宅より注文住宅になるのは普通の事です。

PICK UP

TOP